「漆の玉手箱」伊藤猛作品展

2018年10月24日(水)〜11月5日(月)

金沢工芸大学を卒業後、木曽の平沢の地で漆と向かい合う伊藤猛。
伝統的な器から、時計まで、斬新なアイデア、技術を生み出す木曽の漆器のアヴァンギャルト。

1998年の長野オリンピック(冬季)の漆のメダルの考案、製作者でもあります。会期中、普段は長野オリンピック記念館などの施設に展示されている本物の「オリンピック銅メダル」が「ワサビ・エリシ」にやってきました。どうぞ、お手に取ってご覧ください。

作家は、会期中在廊します。